1月25日~26日に、モニターツアー「ふくしま復興かけはしツアー」の第1回目が催行されました。
ご参加いただきました皆様、ありがとうございました。
このツアーが、また福島へ来ていただくきっかけとなれば幸いです。
さて、モニターツアーでは行程の空き時間に、お客さまアンケートにご協力いただいております。
実際にお寄せいただきました被災地の方へのメッセージをご紹介いたします。
また、モニターツアー「春のふくしま」の企画も予定しておりますので、順次発表して参ります。
今回参加できなかった皆様、ぜひこの機会に福島を訪れてみてください!


東京都/50代男性
あまりにも広範囲で被害を受けられたため、ほんの一部のエリアでしかサポートできません。まずそのことについてご容赦願います。これからも時間の許す限り支援活動を続けさせていただくつもりです。またSNSを使って広く伝えていきます。
いつか本当に観光旅行で遊びに来たときは笑って迎えてくださいね。
ずっと応援しています。


神奈川県/40代女性
震災はまだ続いていることを実感したツアーでした。日常の先に何が可能性としてあるかわからず不安な部分もあったかと思います。美しい景色に囲まれて、温かい人情にとてもひかれました。この力があれば未来10年後20年後必ず新しい福島未来新聞がつくれると思います。
神戸は生まれ変わったと言ってます。福島はもっと素晴らしくなれると思います。どうぞご無理なさらないで、でも希望・夢を持って前に進んでください。福島初上陸で見たことをしっかり胸に刻みつけ、東京にいる友人・知人に伝えたいと思います。
また会う日まで、お元気でお過ごしください。


東京都/60代女性
1日目から避難する方々を(まだ水が通じていないのに)受け入れた旅館の女将さんのお話にまずジ~ンときました。「こんなところでよかったら使ってください」との言葉にどれほどの方々が救われたことでしょう。
今回も0時過ぎての到着に暖かく迎えて下さって本当に有り難かったです。豚汁美味しかったです。
地元の美味しいお魚が使えない悔しさを乗り越え、加工品を作られての営業、頑張っていただきたいと思います。特に子供たち、これからの日本を担う若い人、子育てのご両親、不安一杯の人たちをどう支えるか(支えられるのか本当に心もとないのですが)常に考えていくつもりでおります。


東京都/30代男性
東京在中の身ではありますが、いつでも心は福島や宮城・岩手とともにあります。
そして被災者だからどうではなく「一人の人間と人間」としてこれからもっと出会いを作っていきたいものもあります。
もっともっと知り、何か出来ること伝えることを増やします。
また会いに行きます。
ありがとうございました。


東京都/50代男性
遠く東京の地で、何かできることはないかと、いろいろ考えながら細々とですが、活動しています。
少しずつですが、活動の輪も広がってきています。
私たちは、いつも被災地の皆様と共にいます。


東京都/30代女性
もうすぐ震災から2年になりますが、私は機会を見つけて被災地へ伺い続けたいと思います。
人との出会いが好きですし、学ぶ事や気付く事がたくさんある場所だと思っています。本日はありがとうございました。撮影させて頂いた映像を元に、友人・知人に情報を伝えていきます!


神奈川県/20代男性
今回のツアーに参加する前は、被災地の事、原発の事について、最近テレビ等のマスメディアで報道されないこともあって、どこか自分事として思えていない部分もありました。
被災地の方々の話を聞き、福島の現状や原発に苦しんでいる人たちがいることを知り、自分の無知さにとても情けなくなりました。これからは自分自身も当事者として意識を持ち、福島の方々を応援したいと思います。
これからまだまだ大変だとは思いますが頑張ってください。


東京都/30代男性
もどかしさ、色々あると思いますが、どうか少しでも前向きに暮らしていけること、祈っています。
同じ日本人としてこれからも訪れたり、産品買わせて頂いたりと微力ながらも支援させていただきます。


静岡県/30代女性
気持ちが分かるとは言いません。少しでも気持ちを知り、自分なりに福島のために何ができるか考えて、行動に移していきたいと思います。
ふるさと福島のために動きます!
共に頑張っていきましょう!!


神奈川県/20代女性
3度目の福島でした。
こうして何度も福島へ行けて、嬉しく思っています。いつも歓迎していただき、ありがとうございます!また近々来ると思いますのでよろしくお願いします。
「忘れない」をテーマに、発信し続けたいと思っています。
応援しています。


福島県/60代男性
声を大にして訴えよう。 一緒に頑張ろう。


東京都/60代女性
3.11の出来事を忘れません。
でも振り返るより前へ向かって、明るく楽しく進める道を探しましょう。我々に何かお手伝いできることがあればと思っています。


東京都/30代男性
Windows of opportunity(好機到来)


東京都/40代女性
被災地の方が、被災地以外の人間はすでに震災を過去のもののように思っているのではないかと感じている、と聞きますが、被災したのは日本全体で、今ふつうに生活している私たちも同じ被災民として、一人ひとりが自分にできることを考えていくべきだと思います。
徐々に復興の兆しが見えていく中、その自立を支えていくのは私たちであり、これからは今よりもっと仲間として寄り添っていきたいと思いました。
被災地の方々のなかにも色々な方がいるように、私たちの周りにも色々な方がいますが、より多くの方がそう思ってくれるように今回感じたことを伝えていきたいと思ってます。


 


福島交通観光(株) ふくしま県観光プラットフォーム事務局 福島県福島市東浜町7-8 ☎024-531-8950  e-mail:ftabi@fkk21.com
Copyright 2012© ftabi.com All Rights Reserved.